基本方針

早稲田小グランドデザインをご覧いただければ、一目で本校の学校経営の基本方針がお分かりになります。

(1)学校経営

1 学校教育目標

 かしこく   よく考え、自ら学ぶ子(知)  

 ゆたかに   みんな仲良く明るい子(徳)

 たくましく  じょうぶでがんばる子(体)

 ☆合い言葉 「継続は力なり」

 

2 学校経営の基本方針

(1)「継続は力なり」の気風を醸成し、学力、体力の基礎・基本を確実に定着させ、意欲や能力を高める。

 (2)教育活動全体を通して道徳教育を推進し、思いやりの心や社会性など豊かな人間性を育成する。

 (3)教育公務員としての崇高な使命を自覚し、専門職として進んで研鑽を深める。

 (4)新学習指導要領の内容を理解し着実に実施する。また、「主体的・対話的で深い学び」を踏まえた授業改善を推進する。

(5)清掃、整理整頓、美化活動に努め、安全で美しい教育環境を整備する。

(6)保護者や地域との相互理解や連携に努め、信頼される学校づくりを推進する

 

3 目指す学校像

  ひたむきに学び、仲間と高め合い、笑顔あふれる学校

    「ひたむきに学ぶ」

・授業が一番。教師も児童も授業に集中する。

・児童が、学習や運動に一途に打ち込めるよう、職員一人一人の研鑽と協働の力で創意工夫を行う。

・自ら目標を決めて、計画を立て、意欲をもって実践できる姿を目指す。

    「仲間と高め合う」

         ・相手に思いやりや感謝の心をもって行動する。

         ・仲間と協力する、励まし合う、切磋琢磨する。

         ・主体的・対話的で深い学びを通して、高め合う。

    「笑顔あふれる」

         ・自己有用感を育む。

         ・よさを認め、自信をもたせる。

         ・成就感、達成感(わかった、できた)を味わわせる。

 

4 目指す教師像

 〇学び続ける教師

 〇準備力と徹底力を大事にする教師

 〇子供の力を高めることができる教師

  ☆合い言葉「協働」

 

5 教育目標実現のための主な方策

◇ 三郷の教育  かけがえのない子らの命あずかり 夢を育む教育 “

「4つの礎」

(1)授業改善 ~授業規律・三郷の授業の基本~

(2)日本一の読書のまち三郷の推進

(3)家庭教育の充実 ~親の学習・家庭教育宣言~

(4)夢への挑戦 ~スポーツ、チャレンジ5、教職員表彰~

 

「チャレンジ5」 読書感想文、青少年の主張大会、郷土を描く美術展、図書館を使った調べる学習コンクール、英語技能検定

◇ 早稲田の教育 5つのポイント

○早寝・早起き・朝ごはん + 朝運動  ○心を育てる読書活動     ○決めた時間は必ず学習

○元気なあいさつと返事    ○家庭・地域との連携

 

(1)確かな学力の育成 ・・・学力向上グランドデザインの着実な実施   “徹する教育

  (1)授業力の向上 学び続ける教師

  ・授業規律の徹底 ―「授業の心得」:100%

  ・「『身につけ、活用』を目指す三郷の授業の基本」の実践

  ・「主体的・対話的で深い学び」を踏まえた授業改善

  (2)学校課題研修(国語科2年次)の推進

   「読む力を高め、自分の思いや考えを伝え合うことのできる児童の育成」

  (3)言語能力の育成 ― 教科等横断的な指導、語彙力の向上

  (4)学力・学習状況調査の分析、活用  “個と歩み、個を伸ばす”

  (5)家庭学習の習慣化 ―学年目標時間達成率:100%

   ・家庭学習「がんばり賞」の表彰

  (6)補充的学習の推進

   ・朝学習 ― 新聞ワークシート、視写、朝読書

 

(2)自他を尊重する心の育成・・・よさに気付かせ、認め合う    “自分も大切、友だちも大切”

  (1)基本的な生活習慣の育成

  ・元気なあいさつと返事   ・廊下歩行や整理整頓の徹底

  (2)「チャレンジ5」への挑戦  “憧憬→感動”

  (3)「考え、議論する道徳」の実践

 (4)人権感覚、自己有用感、思いやりの育成 - わくわくタイム(縦割り班)

 (5)特別支援教育の理解とユニバーサルデザインの視点での教育活動

 

(3)主体的・意欲的な読書活動・・・学校読書活動推進計画の着実な実践   “本は心の友だち”

  (1)計画的な読書指導 ― 貸し出し数:1人100冊以上

  (2)「読書センター・学習センター・情報センター」の機能を踏まえた計画的な活用

   ・授業における学校図書館活用(調べ学習、レファレンス等)

  (3)読書感想文、新聞ワークシートの取組の推進

  (4)読書のまち三郷推進資料「言葉の力」の効果的活用

  (5)家庭読書の日(毎月23日)、家読ゆうびんコンクール

 

(4)健やかな体の育成・・・体力と技能の向上      “コツコツときたえた体はたからもの”

  (1)力いっぱい運動し汗をかく授業 

   ・「早稲田の体育」の着実な実践

   ・体力テスト総合評価A+B+C:95%以上

  (2)「早寝・早起き・朝ごはん」+朝運動  “やる気スイッチオン”

   ・睡眠、食育

  (3)体育的行事、体育的活動の充実

   ・すくすくタイムの創意工夫

  (4)健康教育の推進 

   ・「ぴんっ・ぎゅ・ぴたっ」で正しい姿勢

 

(5)安全で美しい教育環境・・・ 人が環境をつくり、環境が人を育てる 

  (1)もくもく清掃の励行 ― 師弟同行

 (2)子供の学びが分かり、よさが輝く掲示物 ― 季節感、適時性、温かさ

 (3)花いっぱいの学校

 (4)ゴミのない、整理整頓された教室 

 (5)危険回避や危機対応の意識の向上 ― 避難訓練、引き渡し訓練

 

(6)家庭・地域との連携・・・ 誰からも信頼される早稲田小 

 (1)早稲田小家庭教育指針の浸透  

 (2)学校応援団活動の整備・充実

 (3)「三郷早稲田子ども塾」の充実

 (4)親の学習の推進

 (5)保育所・幼稚園、中学校との交流

 

(7)信頼される教職員・・・ 教職員は一番の教育環境 

 (1)明るさと秩序のある学年・学級経営          時を守り、場を清め、礼を正す

  ・学級経営プラン「かがやく〇年〇組」

  ・課題のある児童への支援と連携・協働体制の充実

  (2)自己管理能力の向上               “めんどうなことは大事なこと

  ・服務規律、接遇、時間厳守、整理整頓、言葉遣い、健康管理

  (3)報告・連絡・相談の徹底             “言いにくいことほどホウレンソウ”

 (4)指導技術や学校文化の継承

 

(2)家庭教育指針