学校経営の基本理念

「本気・元気・夢いっぱい」~笑顔あふれる瑞木小~

 

経営方針

 瑞木小学校は、平成17年度創立(創立16年目)から数々の学校文化を蓄積し、それらを継続しながら、「自ら学ぶ子」を育成し、「生きぬく力」を高めてきた。今年度も昨年度までの学校文化を継続していく。その基盤として、学校経営を充実させ、「他者を思いやる心や感謝する心、正義感や倫理観などの豊かな人間性」を育み、挑戦意欲と活力あふれる「本気・元気・夢いっぱい 笑顔あふれる瑞木小学校」をめざす。

 

【基本方針】

(1)学校教育目標の具現化に向け、教職員の共通理解・協働体制を築く

(2)安全で安心な教育環境の整備・充実を図る

(3)授業改善に努め、授業力の向上を図る

(4)児童一人一人を大切にし、挑戦意欲を高める

(5)保護者・地域との連携を深め、信頼関係を築く

 

学校教育目標

  「社会に有為な人間の育成」~輝け!瑞木っ子~

 

・かしこく (学習力アップ)

・なかよく (人間力アップ)

・たくましく(健康力アップ)

 

目指す学校像

「本気・元気・夢いっぱい」~笑顔あふれる瑞木小~

 

・本気はかっこいい(学習力・人間力・健康力を伸ばす学校)

・元気が一番   (安全・安心で美のある学校)

・夢へのチャレンジ(保護者・地域の方々から信頼される学校)

 

目指す児童像

  「昨日よりも成長した自分に!」

 

・自ら学ぶ子(自分の考えをもつ)

・思いやりのある子(人にやさしく)

・進んで運動する子(健康第一)

 

目指す教師像

「率先垂範・信頼される教師に!」

 

・子供が大好きな教師(子供の自己肯定感を高める)

・準備力と徹底力のある教師(授業力を高める)

・学び続ける教師(人間力を高める)

 

新着情報 新着情報 RSS1.0