私は、平成30年度当初人事異動により、4月1日付で本校校長に着任しました 金丸 敦(かなまる あつし)と申します。本校は子供たちが読書活動をはじめとした諸活動に明るく元気に取り組んでいる学校であり、保護者や地域とのつながりが深く、皆様の温かいご支援とご協力に支えられている学校と伺っております。このような学校に、校長として着任した喜びとともに、身が引き締まる思いであります。

私は「子供一人一人は『宝石の原石』である」と信じております。『宝石の原石』はそのままでは光り輝くことはできません。『宝石の原石』を一つ一つ丁寧にカットし、磨き上げることで、美しく光り輝くことができるのだと信じております。学校は「子供たち一人一人が自分自身という『宝石の原石』を自分自身でカットし、磨き上げ、美しく輝かせる方法を学び、身につける」場所であると信じております。前谷小学校を素敵な宝箱へと変えるために、教職員も心新たに、子供たちと向き合い、一人一人の可能性を伸ばしていきます。そのために、

○「できるようにする前谷小づくり」

“継続は力なり”を合言葉とし、授業規律の徹底を図り、学力・体力の基礎・基本を確実に定着させる授業を行います。また、「主体的・対話的で深い学び」を取り入れます。

○「自他を尊重する前谷小」づくり

授業や行事等、さまざまな教育活動を通して、思いやりの心や社会性を育みます。

○「読書活動で成長する前谷小づくり」

本校の特色である読書活動を積極的に推進し、表現力や読解力を高めます。

など、日々の教育活動を通して「目指す学校像」を実現したいと考えております。

 本校は本年度、創立41年目を迎え、新たな歴史を作っていく年になります。教職員一人一人が児童・保護者・地域の皆様との出会いを大切にし、相互理解や連携を進め、信頼関係を一層深めるよう努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。