桜小学校開校50周年となる本年度、本校の歴史を振り返りながらも、新しい時代を見据え、心豊かにたくましく生き抜く、徳・知・体の調和のとれた子どもたちの育成を図ります。

 学校教育目標には「仲よくする子・たくましい子・進んで学ぶ子」を掲げ、その実現に向けて、目指す学校像「元気が出る桜小学校 1 学力を伸ばす学校 2 安心安全な学校 3 潤いのある学校」を全教職員が共有し、学校運営に主体的に参画し、志を一つに子ども達のために誠心誠意努力します。

 子どもたちが自らの力で人生をたくましく切り拓き、社会の中で主体的に役割を果たしながら、幸福な生涯を実現することができるように、一人一人のよさや成長に着目し、指導内容・方法の充実と改善に努めて参ります。

本年度は、11台のタブレットPCの一層活用を図るとともに、読書活動や外国語教育に力を入れて参ります。

 「学校は子どもたちのためにある」を旨とし、子どもたちが成長を実感するとともに、その喜びを保護者・地域の皆様と共有できるよう、教育活動の充実に取り組んで参ります。保護者、地域の皆様、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。校長 古橋立哉