「令和4度のはじまりにあたり」

 

瑞穂中学校ホームページをご覧いただきありがとうございます。令和4年4月1日に校長として赴任しました内山 留美子(うちやま るみこ)と申します。平成2年(1990年)の創立から33年目を迎える瑞穂中学校に、第10代校長して、子どもたちの成長に関われますことに、喜びと重責を感じております。前任の豊田康人校長先生が築き上げた瑞穂中をしっかと引き継ぎ、目指す学校像「笑顔・自信・絆」のある学校の実現に向けて尽力する所存です。

 
本校は、設立当時からの校訓は「自主・心・健康」。学校教育目標を「自ら学ぶ生徒(知)」「心豊かな生徒(徳)」「健康でたくましい生徒(体)」として歴史が刻まれてきました。目指す学校像も改革して6年目となります。 


「笑顔・自信・絆」のある学校 
         ~「夢を育む」生徒・保護者・地域・教職員のために生き生きと~

 ○「笑顔」…子どもの笑顔は、仲間、教師、保護者、地域にとって最高の宝。
 ○「自信」…自信とは、小さな成功体験の積み重ねで構築される。自信にみなぎる
人をつくる。

       ○「絆」  …絆とは、人と人との結びつき、支え合いや助け合うこと。将来、社会の中で生き抜く絆を構築する。

 

本年度のスローガンは、「心を育む瑞穂中! です。

 

校歌の最後にあるフレーズでは、「希望に燃ゆる瑞穂中」「若さ溢れる瑞穂中」「明日に翔く瑞穂中」と結んでいます。瑞穂中生が夢に向かって努力し、力強く羽ばたいて欲しいという願いが込められています。その実現に向け、チーム瑞穂一丸となって教育活動に邁進いたします。

 今後とも、PTAや育成会・地域の皆様のご支援・ご協力を一層いただけますよう
お願い申し上げます。

 

                                                                  三郷市立瑞穂中学校長 内山 留美子