三郷市立彦糸中学校長 三浦 力

  ようこそ彦糸中学校へ 

 彦糸中学校、2年目となりました、校長の「三浦 力(つとむ)」と申します。どうぞよろしくお願いします。
 「 日本一の読書のまち」を宣言し、「 読書活動をとおして人と人との絆を結び、誰もが、いつでも読書に親しみ、心豊かに暮らすことができる、文化のかおり高いまち」三郷市の三郷団地西北に位置し、桜並木に囲まれた元気なあいさつとボランティア活動が盛んな彦糸中学校です。
 三郷市の教育「 かけがえのない子らの命あずかり夢を育む教育」を理念とし、教育行政重点施策「4つの礎」(授業改善、日本一の読書のまち三郷の推進、家庭教育の充実、夢への挑戦)を推進し、校訓である「大樹に育て」という伝統を継承し発展させるため、学校教育目標を「磨き合う 学ぶ糸中・心の糸中・鍛える糸中」とし、「生徒一人一人を認め、生かし、伸ばす」を経営理念として学校経営に努めてまいります。
 彦糸中学校が目指す生徒像は、「将来の夢や可能性を追求する生徒」です。そのためには、「 学び続け、自分の言葉で発言する生徒(話)」「 わかり合う、心温かな生徒 (和)」「 社会の一員として貢献する生徒(輪)の実現が必要と考えます。この目標実現を目指し、彦糸中の教職員は一丸となって、日々の教育活動において生徒と共に「ベストな環境でチャレンジ」を合言葉に、創意と工夫を生かした魅力ある学校、信頼される学校を目指して教育活動に取り組んでまいります。
 本年度も、「糸中BASIC5」として「挨拶の習慣化」「授業を大切に」「図書館の活用」「無言集会の徹底」「無言清掃の取組」と「糸中Challange3」として「各種検定の実施」「ボランティア活動への参加」「新聞の活用(NIE)」に取り組みます。また、学校研修課題を「なりたい自分を想像(イメージ)し、やりきる自分に誇りを持てる生徒を育てる」と定め、道徳の授業を丁寧に行いながら、全教科、進路キャリアにわたる研究実践をとおして、教師としての専門性の資質向上を図り、よりよい授業の充実を推進してまいります。
 さらに、放課後スタディの「カゴスタ(放課後5分程度で家庭学習の準備)」と「ハイパーカゴスタ(木曜の放課後30分各種検定を意識した学習)」を実施し、学力を高め、資格取得によって自信を持たせ、よりより成長を促してまいります。
 そして、本校の特色であるボランティア活動を充実させるため、太鼓の演奏、フラダンスの演技など、地域・保護者から喜ばれる活動に取り組んでまいります。
 今後とも、PTAや育成会、地域の皆様のご支援をいただきながら、地域から信頼され、生徒が誇りに思える学校づくりを推進してまいりますので、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。