小高連携授業「プログラミング教育」

2020年11月24日

11/20(金)、三郷工業技術高等学校の先生方、生徒の皆さんに来校いただき、

本校の教員とともに「プログラミング教育」を行いました。

a

今回は、5年生を対象にした授業です。

三郷工業技術高等学校の生徒の皆さんが制作してくれた「ロボットカー」を

Bluetoothで制御するために、5年生児童がプログラミングしていきます。

aa

プログラミングは、児童の「論理的思考力」を育む上で大切な学習です。

自分が意図してプログラミングしたにも関わらず、上手く動作しないことがたくさんあります。

「なぜだろう?」・・・

「こうしてみたら、今度はうまくいくかな?」・・・などと、

子どもたちは試行錯誤を繰り返し、その過程を楽しむ姿がたくさんありました!

今回は、三郷工業技術の先生方、生徒の皆さんがすぐ傍でサポートして下さり、

a

子どもたちは自分が考えたこと、試してみたいこと、その理由などをすぐにアウトプット、

話し合うことができ、いつも以上に多くの学びと実感を伴った理解を得ることができました。

授業の終盤には、手元のマイクロビットから、ロボットカーに取り付けられているマイクロビットへ

Bluetoothを使って無線通信を行い、遠隔操作をすることができた子どもたち!

素晴らしい学び、経験を得ることができました。

三郷工業技術高等学校の先生方、生徒の皆さん、今年も貴重な機会を下さり、ありがとうございました。